脳の老化を防ぐために効果的な方法とは

老化現象は程度の差こそあれ、必ず全ての人に訪れます。予防策や改善策を利用することで日常生活に支障をきたすことなく過ごすことができます。症状が現れてから慌てるより、普段から心がけておくことが大切です。高価な費用をかけなくても実施できる方法はいくらでもありますし、健康維持にも効果があるので試してみるとよいでしょう。

食生活を見直す

物忘れが多い女性

脳の働きが低下するのは血行不良が原因のひとつです。生活習慣病の予防策としても知られていますが、血液をサラサラにするにはDHAが豊富に含まれている青魚を積極的に摂取することです。最低でも週に1回は食卓に並べるようにすると効果的です。

 

また、ブレインフーズとして知られている大豆製品も脳を活性化させる効果があります。大豆に含まれるチロシンが脳内にある神経伝達物質であるドーパミン分泌を促してくれます。豆腐、納豆、油揚げなど製品の種類が豊富なので、工夫をして献立に加えるとよいでしょう。

 

中には青魚が苦手だったりアレルギーを持っている人もいます。そのような場合には、えごま油やエンプシードオイルを用いても大丈夫です。ポイントは過熱しないことで、冷奴にかけたり、サラダにかけたりして取り入れることができます。

脳を活性化させるサプリメント

食事での予防方法に自信がないという場合には、有効成分を集中して摂取できるサプリメントを利用することもできます。たとえばイチョウの葉にはフラボノイドが豊富に含まれています。更年期の不調を改善するといわれていますが、脳の血流をアップさせる働きが期待できます。

 

特に、物忘れの予防・改善に利用されることが多いです。ヨーロッパでは医薬品としても利用されています。サプリメントやお茶があります。お茶の臨床実験では、約7割の人に改善効果が確認できたという報告があります。また、キンモクセイの香りにも脳を活性化する効果が確認されていて、花を漬けた白ワインが良く飲まれています。

行動療法で改善させる

日常生活の中で脳に刺激を与えて老化を予防する方法もあります。まず、調理です。複数の献立を同時に作るため、手順を考えるだけでも効果があります。さらに、包丁で切る、レシピを理解する、調味料をいれる、など頭や手を絶えず動かすことが良いといわれています。

 

また、本を読む、映画を見るということも効果があります。感性を刺激するとドーパミンの分泌が促進され脳の働きが良くなります。ウォーキングやジョギング、犬の散歩も体だけでなく脳の老化改善に効果があるといわれています。

 

⇒記憶力低下に悩む方のためのサプリメントランキング