イチョウ葉エキスの記憶力を高める効果について

イチョウ葉について話す女医

日本ではイチョウといえぱ食材として用いられることの多い銀杏を連想する人が多いですが、ヨーロッパでは古くから民間療法として葉から抽出したエキスを利用しています。

 

脳の血流を活性化する作用があることから、認知症・脳疾患の予防、記憶の向上効果があるとされています。

フラボノイドとギンコライド

イチョウ葉

イチョウ葉から抽出したエキスには独特の成分が含まれています。

 

まずはフラボノイド。4000種類以上あるポリフェノールの中の約30種類で構成されている抗酸化成分です。

 

ストレスや加齢によってつくられた体内のサビを改善して血液をサラサラにしたり、血行を促進する働きも持っているので、エイジングケア効果が期待できます。

 

そして、ギンコライドはイチョウならではの成分で、脳の血管を拡張して血行を促進する働きによって脳細胞に十分な栄養と酸素を蓄えることができます。

 

そのため、脳の働きを健全に維持することができ、記憶する能力を高めることができることが分かっています。

ギンコライドの具体的な効果

イチョウ葉

ギンコライドの働きのひとつには血流改善があります。これによって得られる効果として、冷え性の改善、肩こりの緩和など血行不良が原因で起こる様々な体調不良の改善があります。

 

また、脳の血流もアップさせる働きも持っているので脳梗塞など脳血管が関係する疾患の予防効果も期待できます。そして、脳の働きを健全に維持できるため、加齢によって衰えがちな記憶する能力や集中力を高める効果も持っています。

 

さらに、脳を健全に保つ働きは認知症の予防にも良い影響を与えるので、脳のトラブルによって発症するアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症などに代表される疾患のリスクを減らせると考えられています。

 

現在、アルツハイマー型認知症の原因は確定されていませんが、アミロイドβが深くかかわっていることは突き止められています。ギンコライドにはこの成分の脳内への蓄積を抑制する働きがあります。

 

脳血管性認知症の場合には、脳こうそくなどの後遺症によって発症するので、血流をアップさせるギンコライドは効果的と言われています。

記憶力と集中力の向上効果

記憶力アップした女性

イチョウ葉エキスを60歳以上の高齢者に摂取させたところ、短期記憶に関する能力がアップしたという報告がされています。

 

また、摂取によって頭がすっきりとして意欲的になった、物事を集中して考えられるようになったという結果も上がっています。

 

頭が良くなるというものではありませんが、血流をアップさせることで若々しい脳を維持できるようになります。忘れっぽくなるのは歳を重ねたからではなく、脳の劣化が原因と言えます。

 

おすすめのイチョウ葉エキスサプリメント

イチョウリーフ

当サイトがおすすめするイチョウ葉エキスのサプリメントは、健康家族の「イチョウリーフ」です。

 

イチョウ葉エキスを1粒に120mg配合しているだけでなく、脳内で情報伝達の働きなどを助けるDHA、α-リノレン酸を豊富に含有する「アマニ油」「シソ油」と「ビタミンE」を配合。

 

これらの栄養素が複合的に認知機能をサポート、記憶力に働きかけます。

 

記憶力が気になる方は、ぜひ公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

 

⇒イチョウリーフの公式サイトはこちら