人の名前が覚えられない原因と覚えるためのコツ

年齢と記憶力は関係ない

人の名前を思い出せない女性

顔はわかるのに名前が思い出せない、という経験をした人は少なくありません。年中会って話をしている人に対してはその度合いは少ないのですが、たまに会う人や久しぶりにあった人に対しては、名前が思い出せないという度合いが強くなる傾向にあります。また、新たに知り合った人の名前が覚えられないという人も多いです。

 

日によっては歳だから仕方がない、とあきらめてしまいますが、記憶力の低下は年齢とは関係がありません。思い出せないというのとは別に、度忘れという現象がありますが、日常生活においてこの度忘れをする頻度は大人でも子供でも変わらないのです。

脳が必要と感じれば覚えている

自分の意志とは別に、脳は記憶の選別をしているといわれています。自分の意志と海馬の基準が異なっていると、自分は忘れっぽいと感じてしまいます。海馬が重要と判断する基準は、命にかかわるか否かです。このことを覚えておかなければ命の危機に直面したときに乗り切ることができないと判断すれば、記憶として刻み込んでおきます。

 

また、強い興味を持った事柄や印象的なエピソードを体験したときには忘れにくいです。このことから、人の名前を記憶しにくいのは、脳にとってはあまり重要と感じないからということになります。

どうしても覚えておきたいときにはどうするか

仕事関係などで名前と顔を忘れるわけにはいかないという場合には、ちょっとしたコツを利用すると記憶しておくことができます。たとえば、画像として覚えるという方法があります。顔写真付きの名刺を持っている人がいますが、同様の方法を利用すると忘れにくいです。と言ってもわざわざ写真を撮らせてもらうわけにはいきませんので、いただいた名刺などにその人の特徴を文字にしておくと忘れにくいです。

 

連想記憶という方法も効果的です。たとえば、アスリートと同じ苗字、有名なパン屋と名前が似ている、など自分にとって身近な存在から連想できるようにしておくと覚えやすいです。名前だけを並べて覚えることができる人がいますが、実は、自分なりのエピソードをヒントとして加えて暗記しているのです。

出そうで出ない名前を思い出す

また、よく知っている人なのに、時折名前が出てこないということがあります。喉元まで出かかっているのに出ないときには五十音順に思いつく限りの苗字を並べ上げると、ふっと思い当たります。顔が思い出せれば、顔を想像しながら順番に苗字を羅列すると思い出しやすいです。落ち着いてゆっくりと辿ってゆけば必ずわかります。

 

⇒記憶力低下に悩む方のためのサプリメントランキング